bosch-3x

引越の強い味方!巻き尺不要のBOSCH(ボッシュ)レーザー距離計 PLR15 が驚くほど便利

BOSCH(ボッシュ)のレーザー距離計 PLR15を購入したので、ご紹介いたします。このレーザー距離計ですが、巻き尺やメジャーの代わりに、レーザーで簡単に距離を測ることができます。引っ越しの物件選びや、家具の配置を決めるときに大活躍すること間違いなしです。

レーザー距離計とは

レーザー距離計というのは、レーザーを照射してその反射から距離を測定する器械です。レーザー光が届く限り、測定することが可能です。

通常の巻き尺(コンベックス、メジャー、スケールなど)は、測りたい場所の端から端まで尺を伸ばさなければならないのが面倒で、尺以上の距離を測ることができません。一方で、レーザー距離計はレーザーの光が当たりさえすれば計測できます。

なぜ巻き尺じゃなくてレーザー距離計を買うのか

筆者は引っ越しの際に、物件の間取りを細かく正確に測ってから家具の配置などを決めるのですが、巻き尺が使いづらくストレスを感じていました。

今回、筆者は引っ越しすることになり、物件を探す必要に迫られたので、この機会に巻き尺からレーザー距離計に移行しようと購入しました。

レーザー距離計のサイズは、コンパクトデジカメの3分の1程度で、非常に軽くコンパクト。2〜3メートルまで測れる巻き尺は非常に重くてかさばるため、持ち歩きも便利です。

開封の儀

ということでBOSCH(ボッシュ)のレーザー距離計「PLR15」を購入したので、開封したいと思います。

bosch-1

海外製品でよくみかける、非常に開けにくいパッケージです。というか開けるための方法は用意されてません。一番嫌いなパッケージです。

そのパッケージをハサミやカッターナイフで強引に切って、中身を取り出します。手をケガしないように気をつけないと…。

bosch-2

内容物はこんな感じ。電池を入れてスイッチを入れれば、距離を測ってくれます。説明書などは特に読む必要はありません。

使用感レビュー

使い方は至って簡単。測りたい場所の端にレーザー距離計の本体を置いて、もう一方の端にレーザーが当たるようにすればOKです。

bosch-3

例えば天井までの距離を測りたい場合は、このように床に置きます。レーザー距離計の底の部分は水平・直角になっており、普通に置くだけでまっすぐ立ちます。本体が四角いので、横に倒しても水平・直角になります。

bosch-4

レーザー距離計が向いている方向にレーザーが当たります。ここでは天井ですが、このレーザーの当たっているところから本体までの距離が液晶画面に表示されます。

測定は一瞬というかリアルタイムに数字が変わるのでサクサク測れます。本体のボタンを押せば、一つ前の数値を残しておくことができるので、比較することも可能です。

壁などが無い場所の距離を測る場合は、手のひらや障害物でレーザーを遮断することで、そこまでの距離を測ることができます。

まとめ

結論としては、買って良かったです!物件探しで大活躍でした。

かなりコンパクトなのでカバンの中でもかさばらないですし、さっと取りだして片手でスイッチを入れてそのまま測定。向きを変えるだけでどんどん測れちゃうので、物件の内覧時間もかなり短縮できました。軽量で取扱いが簡単なので、女性には特におすすめします。

ちなみに不動産屋さんも巻き尺を持ってきてくださってたのですが、使う場面は一度も無かったです。また、不動産屋さんはレーザー距離計の存在を知らなかったらしく、非常に欲しがってました。

年明け2〜3月は引っ越しのピークですが、人気の地域はいかに早く物件を決めてしまうかが勝負の分かれ目です。もたもたしてる間に、別の人が物件を契約しちゃったりしますよね。

そんなときにボッシュのレーザー距離計は、内覧時間を短縮できるので大活躍すること間違いなし。内覧時間を短縮できれば、たくさんの物件を見ることができるし、良い物件に巡り会う確率が高まります。

いままでの通常の巻き尺に不満を持っている人には、ぜひともチェックしてみてください。

この記事をシェアする