IMG_8428

iOS 9 の広告ブロック機能を Crystal(クリスタル)というアプリで有効化してみた

2015年9月17日未明にリリースされた iOS 9 ですが、新機能として標準ブラウザであるSafariで広告をブロック(非表示に)することができるようになりました。何もしていない状態であれば、広告はブロックされませんが、Crystal(クリスタル)などのコンテンツブロッカーと呼ばれるアプリをiPhoneやiPadにインストールすることで有効化することが出来ます。今回は、2〜3日使ってみた感想も含めてレビューしてみたいと思います。

Crystal(クリスタル)のインストール

まずはSafariで広告をブロックしてくれるコンテンツブロッカーアプリの「Crystal(クリスタル)」をインストール。無料のものもありましたが、一番よくダウンロードされてそうな下記アプリを購入しました。

購入して「Crystal(クリスタル)」のダウンロードが出来たら、まずはiOSの「設定」にを開きましょう。歯車マークのグレーのアイコンです。

IMG_8429

設定を開くと「Safari」と書かれている項目があります。こちらをタップ。

IMG_8430

するとまた色々と出てくるので「コンテンツブロッカー」というのを探してください。こちらもタップ。

IMG_8431

そうすると、先ほどインストールしたコンテンツブロッカーアプリの「Crystal(クリスタル)」が表示されています。こちらをオンにしてください。これで設定は完了です!

効果検証:広告ブロック

さっそく広告ブロック機能を検証してみましょう。Safariでこのブログの記事を開いてみます。

ブログなどのコンテンツの場合

まずはオンにしない状態を見てみましょう。有効化していないので広告が表示されます。

【オフの状態】

IMG_8432

記事タイトルの下に表示されてますね。

IMG_8433

そして記事の最下部にも表示されています。そしてコンテンツブロッカーを有効にすると…。

【オンの状態:コンテンツブロッカー有効後】

IMG_8435

記事タイトルの下に広告が無い!

IMG_8437

そして記事の最下部にも表示されない!ホームページ自体の読み込み速度も、気持ち速い感じがします。

Googleの検索エンジンの場合

今度は検索エンジンで試してみましょう。いつもお世話になっているGoogle先生。まずはコンテンツブロッカーを有効化していない状態から。

【オフの状態】

IMG_8434

当然広告が表示されます。いわゆるリスティング広告というものです。黄色で「広告」と書いてありますね。そして、コンテンツブロッカーを有効にすると…。

IMG_8438

なんということでしょう!リスティング広告が消えました!!!

「Crystal(クリスタル)」を使用してみた感想

しばらく使用してみましたが、とっても快適。広告の画像やスクリプを読み込まないので、ページの表示が速くなります。また、記事に関係しない文字や画像が眼に入らないので、色々なホームページのコンテンツがストレス無く読めるようになります。これは大きい。コンテンツブロッカーアプリは120円でしたが、これだけ快適にブラウジングできるなら安く感じました。

特に、2ちゃんねるのまとめサイトを頻繁に見る方にはとてもおすすめです!筆者もまとめサイトをよく見るのですが、快適さが全然違います。間違って指が広告に当たったりすることも大幅に減りました。

ただ、全てのサイトで広告が非表示になるわけではありませんでした。印象としては、GoogleのAdSense関連の広告が結構キレイに表示されなくなりました。しかし、広告が表示されてしまったりコンテンツが読み込めない場合は、「Crystal(クリスタル)」のアプリから、該当のアドレスを報告することが出来ます。みんながどんどん使うようになれば、広告ブロックの精度もより向上すると思います。

アクセス解析への弊害

今回、広告表示のブロックについて大きく取り上げられることが多いですが、実は Google Analytics などのアクセス解析ツールもブロックしてしまうようです。ホームページを閲覧する側にとっては、どうでも良い話ですが、ホームページを運用する側にとっては悩みの種かもしれません。

逆に、ホームページを閲覧する立場からすれば安心です。Google Analyticsなどは、ホームページの閲覧者の性別や年齢、ライフスタイルなどの趣向もわかるようになっているのですが、そのようなことが気持ち悪く感じる方にはコンテンツブロッカーアプリはうってつけです。「Crystal(クリスタル)」のような広告ブロックアプリを有効化しておけば、ホームページに足跡が残りにくくなります。

まとめ

今回 iOS 9 のSafariから対応になったコンテンツブロッカー機能ですが、非常に有益に感じました。筆者は「Crystal(クリスタル)」を使い続けている状況です。検索しても変な広告は出てこないし、ホームページの閲覧もサクサクです。アプリは有料のものが多いですが、継続的に広告ブラックリストのデータベースを更新し、維持管理することを考えれば有料アプリであることは妥当だと思います。

ということで、コンテンツブロッカーアプリ「Crystal(クリスタル)」はおすすめです!機会があれば他の広告ブロックアプリも試してみたいと思います。日頃、ホームページに表示される広告がうっとうしく感じている人はぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする