DSC06258

オシャレで安い!TESCOM(テスコム)製MetalLineジュースミキサーTM8100 開封の儀と使用レビュー

今回は筆者がグリーンスムージーを作るために購入した、メタル調のボディが特徴のTESCOM(テスコム)製ジュースミキサーTM8100の開封の儀と、約半年間の使用レビューをお送りいたします。

ちなみにタイトルに「オシャレで安い」と書いてありますが、外観は写真の通り。値段については、筆者が購入したときの価格が 3,500円程度と、他のミキサーと比較して安かったです。色々と比較した結果、購入しました。

開封の儀

外箱は黒でまとまっていて、メタリック調の本体が引き立っています。TESCOM(テスコム)MetalLine(メタルライン)シリーズのコピーは

いいデザインで いい暮らし

です。確かにいいデザインです。

DSC06254

箱から出すとこんな感じ。収納するときと同じようにジョッキ部分が上下逆さになって収納されています。

DSC06255

組み立てるとシンプルでスッキリとしたデザインですね。ジョッキ部分はガラスなので結構な重さがありますが、本体に安定して載ります。上蓋は隙間無くきっちりと締まりました。

DSC06258

サイズ感ですが、以前お伝えしたカプセル式のコーヒーメーカーネスカフェドルチェグスト「ジェニオプレミアム」と比較すると同じくらいです。

DSC06259

冒頭でお伝えしたとおり、グリーンスムージーを作るために買ったのですが、このときは野菜がなかったのでヨーグルトスムージーを作りました。まずは冷凍のブルーベリーを投入。

DSC06260

さらにヨーグルトを投入。

DSC06261

スイッチオン!真ん中のボタンを押すとミキサーのスイッチが固定されて、回り続けます。ちなみに右端のボタンを押すと、押している間だけしか回りません。

DSC06265

そして完成。

DSC06266

ということで、この後実際にフルーツと野菜を買ってきて、グリーンスムージーを作りました。

使用レビュー

それから半年ほど使ってみたのですが、壊れることもなくすこぶる快調に動いてます。

固い食材を回そうとしたときには、たまに安全装置が働いて止まってくれます。安全装置が機能して止まると、スイッチを押しても回らなくなってしまうので、本体をひっくり返した底についてある小さな突起を押してください。そうすれば安全装置がリセットされて、また使用できるようになります。

お手入れに関してですが、使用後に水で流すだけでほとんどの汚れは落ちます。ただし、回転刃の部分には隙間に汚れが残りやすいので、時々ブラシなどを使って洗う必要がありました。

ということでお手入れが比較的楽なので、グリーンスムージーの習慣も続いてます。

ちなみにグリーンスムージーの作り方については下記の本を購入して、色々試しながら作っています。

まとめ

今回ご紹介したTESCOM(テスコム)製ジュースミキサーTM8100ですが、収納時はジョッキ部分を逆さにかぶせることができるので結構コンパクトになります。お手入れもしやすく、全体的にシンプルにまとまっているので、長く使えそうです。

デザインも他のミキサーよりも良いので、台所に出しっ放しにしていても絵になります。そして何よりAmazonで3500円程度で購入できる価格も嬉しいです。もしミキサーをお探しであれば、ぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする