strong-bold-seo2013

<strong>(ストロングタグ) と<b>(ボールドタグ)の違いはSEOに影響するのか?

WEBデザインでは文字を強調するために、複数の表現方法が用意されています。その中でも強調表現として代表的なものに <strong>(ストロングタグ) と<b>(ボールドタグ)があります。しかし、実際の表示はどちらも文字が太字で処理をされるだけ。果たして、SEO(検索エンジン最適化)効果としては違いがあるのでしょうか?

強調表現について

HTMLは任意の文字列をタグで挟むことによって、表示に変化を付けることができます。<strong>と<b>のそれぞれの意味としては、

  • strong:その言葉を意味を強調したい
  • bold:その文字を太くして目立たせたい

です。Wordなどの文章作成ソフトで「B」などのボタンで太字になりますが、それと同じです。

それでは実際にタグを適用してみましょう。

  • SEO対策に影響するHTMLタグ
  • SEO対策に影響するHTMLタグ

いかがでしょう?「影響する」という部分にタグを適用させていますが、見た目の違いはありません。ちなみに上が<strong>タグ、下が<b>タグを使用しています。

このように意図は違えども見た目は同じという状況なので、コーディング作業を行っているWEBデザイナーさんも迷っている方も多いかもしれません。

SEO上の差は無い!

この問いに答えるのが、SEO業界ではお馴染みのGoogleのウェブスパムチームの Matt Cutts (マット・カッツ)氏です。

結論から言えば、<strong>も<b>も検索結果の順位や検索エンジンのインデックスに関して同じように評価されるとのことです。

斜体(イタリック文字)を表現出来る<em>と<i>も同様に、検索エンジン上での評価に差異はないようです。

まとめ

いずれのタグも、SEO(検索エンジン最適化)上の大きな違いは無いとのことです。どちらのタグを使ったとしても、作り手の「強調したい」「強く伝えたい」という気持ちが変わらないので、評価も変わらないということでしょう。

しかし、実際の制作では同じ効果の異なるタグが混在していると、後々のメンテナンスが面倒になる可能性があります。実際のコーディングを行う場合は、意図も表現も変わらないので<storng>または<b>のどちらかで統一しましょう。

この記事をシェアする