newsstand1

iOS6でもできた!削除不可のNewsstand(ニューススタンド)を裏技でフォルダに入れて隠す方法※PC不要・脱獄不要


以前、iOS 5 にてNewsstand(ニューススタンド)というアプリをフォルダに隠す方法をお伝えしたのですが、iOSがバージョンアップしてからというもの、裏技が使えなくなっていました。そこで今回はiOS 6 でも同様に、裏技のみでフォルダに入れる方法をお伝えします。

脱獄や、パソコンへの接続などの面倒な操作は一切ありません!(でも前回同様ちょっとコツがいります。)

ホームボタン→ホールド→スワイプの連続コンボ

まずは上記の動画を見ていただけると、感覚がつかめると思います。でもこれだけだと難易度が高いので、手順を説明します。

Newsstandを隠す裏技の手順

手順を分解すると以下のとおり。上の動画と若干違う部分がありますが、自分が色々と何度も試して成功率の高かった手順です。

  1. Newsstandを入れたいフォルダを2ページ目に配置
  2. Newsstandを3ページ目に配置
  3. 3ページ目を表示
  4. 時間差で「ホームボタン」をホールド→「Newsstand」をホールド
  5. 両方のボタンをホールドしてると「Newsstand」アイコンが浮き上がるアニメーションが見える(その間0.5秒くらい)
  6. 浮き上がるアニメーションが見えた瞬間に「ホームボタン」→「Newsstand」の順で指を離す
  7. 自動的に1ページ目に移動していてアイコンがブルブルしている状態になる
  8. 2ページ目に移動する
  9. Newsstandを入れたいフォルダをタッチして開く
  10. ホームボタンを押すと、Newsstandが3ページ目からすっ飛んできてフォルダに収まる(不思議!)

…という複雑な状況ですが、動画を見ながら何度かやってるとコツがつかめるようになります。ちなみに筆者は最初の頃は10回に1度程度しか成功しませんでしたが、何度か試しているうちに2回に1度程度は成功するようになりました。

その他の方法

こちらは

  1. 2ページ目にフォルダとアイコンを配置
  2. ホーム押す→Newsstand押す
  3. 画面遷移した瞬間に左にフリック
  4. Newsstandだけ固まってて他のアイコンはブルブル
  5. Newsstandを入れたいフォルダをタッチして開く
  6. ホームボタンを押すと、Newsstandがすっ飛んできてフォルダに収まる(不思議!)

という手順ですが、筆者は上手く出来ませんでした。でも基本的には最初に紹介した方法と同じ原理です。

更にこの方法を使うと、Newsstandをフォルダとして使うことが出来るようです。

こちらも試しましたが、筆者は上手く出来ませんでした。猛者は画面が割れるくらい挑戦してみてください。

まとめ

ということで、ご紹介した方法で邪魔なNewsstandを隠すことが可能です。

もし前回の記事を読まれた方でお友達に紹介いただいてる場合は、あらためてこちらの記事をご紹介ください。

※フォルダに入れたNewsstandは前回同様、タッチするとiPhoneが再起動してしまうのでお気を付けください。

この記事をシェアする