DSC02711

お風呂で電子書籍:たった15円でiPadを防水する方法

せっかく書籍を自炊(電子化)したんだから、湯船に浸かってゆっくり読みたい!ということで、簡単に格安にiPadを防水する方法をご紹介します。

防水ケースは高い

iPadを防水するためのケースは色々発売されていますが、どれも高い!大体1000〜3000円程度します。

その上、不便。実は1つ2つ購入して試した事があるのですが、出し入れ口の開け閉めが堅すぎたり、iPadの純正ケースを付けたままでは防水ケースに入らなかったりと満足できる製品に巡り会うことが出来ませんでした。

たった15円!


そこで登場、Ziploc(ジップロック)!

「ジップロック フリーザーバッグ 大 36枚入」

36枚入り!安心のダブルジッパー!

お店によって値段がだいぶ違いますが、ホームセンターなどで買うと結構安いです。

ビックリするほど普通ですが、iPadがAppleの純正ケースに入れたまま、すっぽり収まります。万能すぎです。

これで少々水がかかっても大丈夫ですね。

ただし、

  • 絶対に湯船に浸けたりしないこと!
  • 濡れた手でiPadを出し入れしないこと!
  • iPad本体を水蒸気に触れさせないこと!
  • ジップロックの表面に傷があったり口のしまりが悪い場合、その袋は絶対に使わないこと!

です。

小さな隙間や傷があれば浸水する可能性がありますし、何が起こるかわかりません。万が一の事が起こってiPadが故障しても、誰にも文句を言わない覚悟ができる方のみお試しください。

※必ず自己責任で行って下さい。iPadが故障しても責任を負いかねます。

この記事をシェアする