ibunkohd1024

電子書籍を自炊する:おすすめiPadアプリ「i文庫HD」の使い方

さて、自炊した電子書籍ですが、せっかくなのでiPadで読みたいですよね。アップル社が推奨するアプリとしてはiBookがありますが、ここでは別のアプリをおすすめします。

また、実際にアプリで自炊した電子書籍読むところまでの手順もご紹介します。

i文庫HD

i文庫HD
i文庫HD (800円)
(2014.02.23時点)
posted with ポチレバ

iPadで自炊した書籍をPDF形式で読むには、i文庫HDが一番おすすめ。

特徴としては

  • めくるアニメーションが楽しい。
  • 太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、宮沢賢治などの作品が230冊も内蔵されていて読み放題。
  • 8000冊以上の青空文庫がダウンロードして読み放題。
  • クラウドサービスに接続できる。

などです。なんとも太っ腹な仕様ですね。

それでは実際に、電子書籍をiPadに追加して読むところまでの手順をご紹介します。

電子書籍をiPadに追加する

まずはi文庫HDをiPadにインストールして下さい。

次に、パソコンとiPadをつなぎます。

iTunesが起動したら、左のメニューからiPadを選択し、中央画面の上部にある「App」というボタンをクリックして下さい。

画面を下にスクロールさせると、インストールしているアプリのアイコンが見えるので「i文庫HD」を選択。

そうすると、右側の枠にファイルを追加できるようになります。「追加」ボタンを押して、自炊した電子書籍を追加しましょう。

これで、電子書籍がiPadのi文庫HDのフォルダにコピーされます。

電子書籍をi文庫HDの本棚に追加する

ここからはiPadでの操作です。

i文庫HDを起動させ、下のメニューから「フォルダ」を押すと、先ほどiTunesで見たようなフォルダ構成の画面が表示されます。

この本を本棚に追加するために、タッチしてみましょう。

そうすると情報ウィンドウが表示されるので、「登録する本棚」をタッチします。ここでは一例として「ドラッカー」という本棚を作って追加してみようと思います。

タッチすると本棚の一覧が表示されます。新しい本棚を作る場合には、右上の「編集」をタッチします。

そして「+追加」をタッチします。

本棚の名称を入力しましょう。ここではドラッカー用の本棚を作るので、「ドラッカー」と入力します。

そうすると一覧の一番下に新しく追加されるので、ここをタッチしましょう。

「登録する本棚」が「ドラッカー」に変更されました。この後すぐに本を読み始めることも出来ますが、ここでは本棚を確認するために「本棚に登録のみ」をタッチします。

「登録完了」と表示されるので、「OK」をタッチし、下のメニューから「本棚」をタッチします。

本棚の一番始めに「ドラッカー」という本棚が追加されました。あとは本の表紙をタッチすることで電子書籍を読み始めることが可能です。

以上が、電子書籍を追加するまでの操作になります。

この要領で、お気に入りの電子書籍をどんどん追加していきましょう!

i文庫HD
i文庫HD (800円)
(2014.02.23時点)
posted with ポチレバ

この記事をシェアする