DSC02538

電子書籍を自炊する:おすすめ断裁機「PK-513L」と裁断のコツ

この記事では、断裁機の使い方と、実際に裁断する場合のコツをまとめてみようと思います。

プラス 断裁機 PK-513L

おすすめの断裁機はこちら。色々な方の自炊レビューでも紹介されており、評判も良さそうなので選びました。

サイズが大きいので結構場所を取る上、刃の部分が一番重くなっているので、持ち運びが大変です。ただし、重いだけに安定感が良く、切れ味も抜群です。

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
プラス (2009-09-01)
売り上げランキング: 189

準備

まずは断裁機。広いテーブルがあればその上で使いましょう。不安定な場所だと、裁断時に非常に危険です。テーブルにスペースが無ければ、安定した床の上でも良いと思います。

また、デスクカッターがあれば表紙を切るのに便利です。無い場合は、カッティングボードとカッターナイフ&定規の組み合わせでも問題ありません。

裁断

まずは、電子化したい書籍を用意しましょう。今回電子化するのは、社会人になりたての時に、非常にお世話になった。ビジネスマナー系書籍の4冊。いまでもたまに使うことがあります。中身は「お礼」「謝罪」などとジャンル別に分かれていて便利。

まずは帯や間に挟まっているハガキなどを全部取り除きましょう。

表紙と中身に分けます。

表紙をスキャンしやすいように、デスクカッターなどで切り分けます。

こんな感じにばらばらに。

これで表紙と裏表紙ができました。

じゃあ中身を裁断!ということで、差し込んで見るも…

厚すぎて入りません。

なので、もう半分に切断しましょう。とりあえず真ん中あたりで、メキメキっと折り目を入れます。

開いたところをカッターナイフでサクサク。これは内側から刃を入れたほうが失敗しにくいと思います。

キレイに真っ二つ。

今度は余裕で入ります。

ガイド用の赤いレーザーがあるので、背表紙から1,2ミリのあたりに位置を動かしましょう。手前の黒いバーでも固定して下さい。

しっかりハンドルを持って…

ザクリ!

こんな感じでキレイに裁断されます。


でも気をつけて下さい!最初のページがくっついてたりします。

ぺりぺりぺりー、っと剥がしましょう。

最後のページも忘れずに。

これで準備完了です。


以下の記事に続きます。
電子書籍を自炊する:おすすめスキャナ「ScanSnap S1500」とPDF化のコツ

この記事をシェアする