東北地方太平洋沖地震で学んだスマホの教訓@東京

東北関東大震災や東日本大震災とも呼ばれる東北地方太平洋沖地震ですが、私自身は被災地からは離れていたものの、東京にて震災を体験しました。その時のスマートフォンの使い方に関して気づいたことを中心に、出来事をまとめてみたいと思います。

突然の揺れ

発生当時、たまたま東京に出張しており品川にいました。地震が起こった瞬間はカフェでコーヒーを飲んでいたのですが、その時の様子をiPhoneで撮影したものが以下の動画です。

場所は品川駅高輪口のワイヤードカフェです。はじめは結構ゆるい揺れだったのですが、治まる気配が一行になく、どんどん揺れが大きくなってきました。かなり危険な感じがしたので、急いでiPhoneのカメラを出して撮影しました。

災害時に動画のアップロードを行う注意点

揺れが落ち着いたので、さっそく動画をiPhoneからアップしてツイッターにて投稿しようと思ったものの、このような災害時では電話回線やインターネット回線が繋がりにくく、何度もアップロードに失敗しました。

災害時にスムーズに動画のアップロードを行うためには、複数のネット回線を選択できればベストです。ちなみに今回は以下のような状況でした。

  • 電話回線(3G):すぐに繋がらなくなった
  • 店内の無線LAN:通常通りに接続することが可能
  • モバイルルータ&データ通信カード:通常通りに接続することが可能

そして、今回はカフェで同席していたGさんのモバイルルータに接続させてもらい、動画をアップロードすることができました。

災害時に役立つネット電話

震災直後に親や友人と安否確認を行うのにネット電話が役に立ちました。もちろん自分も相手もネットに繋がっていることが前提ですが、iPhoneの無料アプリのViberやSkypeを使えば、3G回線が繋がらなくてもクリアな音質で問題なく会話が出来ました。

特に驚いたのは、一緒にいたGさんがiPhoneのFaceTimeを使って、ご自宅とテレビ電話が出来ていたことです。iPhone4には標準で装備されているアプリで、Macなどとも通話可能です。モバイルルータでの接続でも映像も問題なく表示され、外出先からでも自宅の被害状況などが確認できていました。

Twitterでも安否確認

こちらもたくさんの方が活用されていたようですが、Twitterでとりあえずつぶやくことで、一度に多数の友人と連絡が取ることが可能です。またピンポイントにダイレクトメールを送信することも可能です。

また、安否確認だけではなく、災害の状況もあるていど把握できました。

徒歩で帰るという決断

出張で東京にやってきており、宿泊地は川崎でした。17時くらいまでカフェで待機していたのですが、iPhoneの乗換案内アプリでも全線運休のまま進展が無く、それならあまり暗くならないうちに歩いて帰ろうということで店を出ました。

そして店から出たところ大勢の人が駅の外にあふれていることに驚きました。

駅のバスターミナルにはバス待ちの人たちが歩道からあふれんばかりに並んでおり、歩く場所すらない状況だったので、すぐに駅から離れました。とりあえず大井町駅を目指すことにしました。

道路は大渋滞で全くクルマが動かない状況でした。

歩道は通勤帰りの人で埋め尽くされ、歩くスピードも非常に制限されます。この間も、Gさんのモバイルルータはネット回線に繋がり続けており、FaceTimeでのテレビ電話や、地図の読み込みなども問題ありませんでした。

大井町駅に到着したのですが、バスターミナルがあり得ないぐらい混雑していました。

ここからは、Gさんと解散して違う道に進むことになりました。iPhoneの地図で川崎駅までの道のりを確認していたのですが、この時の時点でバッテリーが残り30%程度。GさんはiPhoneの予備のバッテリを貸してくれるとおっしゃったのですが、次回お会いするのがいつかわからなかったので遠慮させてもらいました。

まあ、30%残ってれば地図を確認する程度だからホテルまで足りるだろう、と思っていたのですが甘かった。道を別れて30分程度経ったところで、バッテリが17%ほどまで減ってしまいます。それでも道を確認しようと思い、地図アプリを立ち上げたのですが、全く地図が出てきません。なぜならば、モバイルルータを持ったGさんと離れたから。

電話回線は全然繋がらない状況なので、当然ネットに接続して地図データを取ってくることも出来ません。これは盲点。そうこうしているうちにすぐにバッテリ切れで起動しなくなりました。

ということでここでのスマートフォン(iPhone)に関する教訓は、

  • 災害時は必要な情報が得れたら、それ以上使わずにバッテリーを温存(無駄にツイートしまくらない)
  • バッテリーの残りが30%以下になったら危険水準なので使用を控える(状況にも寄るが10%前後で起動しなくなる場合も)
  • オフラインで使える地図アプリをインストールしておく(MapFanなど)

の3点です。

そんな感じで大森駅に到着。

定期的にバスが行き来していますが、大混雑。

道は延々と帰宅途中のサラリーマンで埋め尽くされ、自転車屋で自転車を購入している人や、靴屋で運動靴を購入している人を何人も見かけました。たしかに革靴やヒールじゃ長時間歩くのに厳しいかも。

そして品川駅から歩くこと3時間以上。第一京浜沿いに黙々と歩いていたら、遂に多摩川に到着。川崎の夜景が見えたときにはほっとしました。

六郷土手から橋の上の歩道に上がり、合計3時間半で川崎駅に到着です。

このあと、テレビでニュースを見ながらホテルでコンビニ弁当を食べました。

なかなか大変な出張になりましたが、今回の体験で情報端末の長所短所を把握できたように思えます。スマートフォンは非常に便利な反面、電源と回線が肝であり、これらがないと使い物になりません。ということで、モバイルルータと予備バッテリは、可能な限り持ち歩くことにしようと思います。

この記事をシェアする